お知らせ

Informations
>
>
空き家の46%が築50年超

空き家の46%が築50年超

2020/03/19投稿 
コラム

総務省が全国の空き家約70万戸を調査したところ、

46.4%が建築後50年以上経過しており、

老朽化が進んでいた。

建物の所有者は相続・贈与で取得したものが最多で、

遺産相続したものの放置され老朽化が進んでいる実態が浮かぶ。

総務省の住宅・土地統計調査(2018年10月時点)の全国の空き家は約848万9千戸。

その中から所有者が特定できた約70万戸を対象に集計した。

空き家対策法ができて5年を迎えるが、空き家は増加し続けている。

 

空き家の特徴は田舎に存在し、売ろうにも売れず、

市場もほとんどない。

空き家の70%は現在の耐震基準を満たしていない。

放置すれば危険な空き家「特定空き家」の対象となり、

指定されたら、建物撤去や修繕が求められる。

従わなければ更地と同じ評価で固定資産税等が課税される。

危険な状態となれば強制撤去されることもある。

 

政府は相続した空き家を更地で売却したり

するなど一定の条件を満たせば

所得税や住民税を軽減する措置を用意しているが、

不動産が売れない田舎では売却が出来ない。

 

売却が可能な街なかの空き家は不動産会社も声をかける。

今残っている空き家は売却できない不動産なのだ。

負の財産となった不動産は塩漬けにならざるを得ない。

次の相続までに何とかしたいと思うのが親心だが…

 

10年前に田舎に多くの不動産を持つご高齢のSさんから

「不動産を売って欲しい。」と相談を受けた。

居住用の土地は贈与をすることを提案し、

事業用は売却することで処分していった。

何件か贈与・売却ができなかったが、

ほとんどの不動産を処分することが出来て

Sさんに喜んで頂いたものである。

 

もし、田舎に不動産をお持ちであれば、

売れるうちに、速やかに売却するか、

受けてくれる方があれば無償で譲渡(贈与)することをお勧めする。

 

ファイナンシャルプランナー 香川文人


家族信託の無料相談受付中!
0120-674-700
受付:月~土曜日 9:00~19:00(定休日:日曜・祝日)
家族信託の無料相談受付中!
受付:月~土曜日 9:00~19:00(定休日:日曜・祝日)
オンライン相談予約