お知らせ

Informations
>
>
江津市の立地適正化(コンパクトシティー)計画

江津市の立地適正化(コンパクトシティー)計画

2018/10/18投稿 
コラム

2018年10月16日付中国新聞朝刊記事に掲載された、

島根県江津市の立地適正化(コンパクトシティー)案は、

中国地方としては最も合理的な案が示されており驚いた。

 

 

これまで江津市では20箇所に住民の活動拠点を

設けて地域づくりを進めていたが、

将来の人口減少を踏まえ4中学校区毎に

居住用同地区を定めたのだ。

江津市の人口は2017年3月末現在で2万4千人だが、

2040年の推計人口は1万4千人から1万5千人と

1万人減少する。

約20年で40%人口が減少すると

税収もその程度減少することとなる。

当然道路や上下水道等インフラ整備が

追いつかなくなる。

 

そこで現在の4つの中学校区に住居を集約して

住居誘導地域とし、都市機能誘導地域と結ぶ

公共交通や下水道を優先整備する。

居住誘導地区は江津駅がある中央、

都野津駅がある西、

浅利駅がある東、

桜江支所がある桜江の4箇所。

江津駅の周辺を都市機能誘導地域とした。

都市機能誘導地域には3000平方メートル以上の

大型商業施設や20病床以上の病院4つを

国の財政支援の対象となる誘導施設とした。

江津市の不動産流通市場が

どの程度あるのか分からないが、

今後都市機能誘導地域並びに

居住誘導地域から外れた地区の住宅地は

購入する者が居なくなるため、

売れなくなる。

 

広島県内でも立地適正化計画は

設定された市も増えており、

広島市も計画を進めている。

 

文:ファイナンシャル・プランナー 香川 文人


家族信託の無料相談受付中!
受付:月~土曜日 9:00~19:00(定休日:日曜・祝日)
家族信託の無料相談受付中!
受付:月~土曜日 9:00~19:00(定休日:日曜・祝日)
無料相談の詳細はこちら