お知らせ

Informations
>
>
平成30年住宅・土地統計調査の速報値発表

平成30年住宅・土地統計調査の速報値発表

2019/05/08投稿 
コラム

空き家総数、空き家率とも拡大

 

総務省統計局が

住宅・土地統計調査(5年毎)を行っており、

その総数の概数を

確定数の好評に先駆けて公表した。

https://www.stat.go.jp/data/jyutaku/2018/tyousake.html

※この数値は今後公表する基本集計等の確定数と一致しない。

 

5年前と比べ、住宅総数は6242万戸と3.0%増加しているが、

増えているのは一都三県で4割を占め、

東京・神奈川・千葉・埼玉で関東圏に

集中していることが分かる。

空き家数は846万戸と26万戸増加。

空き家率は13.6%で過去最高となった。

空き家率の高い都道府県を見ると、

1位から10位までが、

山梨県・和歌山県・長野県・徳島県・高知県・鹿児島県・愛媛県・香川県・山口県・栃木県である。

甲信・四国地方で高い空き家率となっている。

 

 

これは私の予想とは低いものとなったが、

今後も空き家が増えることは間違いなく、

地方では大きな問題となっていることは

皆さん周知のことと思う。

 

次に共同住宅の住宅数だが、

30年間で2倍に増えている。

現実にネットでポータルサイト

(SUUMOやアットホーム)を見ると、

莫大な数の賃貸住宅(一戸建て・アパート・マンション)が

広告されている。

賃貸住宅も余っているのだ。

 

今後高齢化率が高まり

配偶者を亡くした単身者が増える。

更に結婚しない単身者も増加している。

これらに対応した住宅は生き残っていくだろうが、

狭い単純なワンルームは

入居率が悪くなっていると賃貸業者から聞く。

単身者も広い部屋を求めている。

オーナーの皆さんは今のうちに

高齢者対応(バリアフリー、手すり設置、車椅子対応等)をするか、

入居率の悪い物件は手放すなどの対策が必要だろう。

 

ファイナンシャルプランナー 香川文人


家族信託の無料相談受付中!
0120-674-700
受付:月~土曜日 9:00~19:00(定休日:日曜・祝日)
家族信託の無料相談受付中!
受付:月~土曜日 9:00~19:00(定休日:日曜・祝日)
無料相談の詳細はこちら