解決事例

Solutions
>
>
施設入居と実家売却

施設入居と実家売却

佐伯区にお一人住まいのHさん(80歳)
お子さんは大阪と東京に住んでおられ、よく帰ってきておられるのですが、一人での生活は不安も大きく 子供たちの希望もあり近くに新しくできたサービス付き高齢者専用住宅への入居を申し込まれました。

抱えていた問題

住み慣れた地域に有り、自宅とも近かったので、物を取りに帰ったり、お盆や正月は帰省してくる子供達と、高齢者住宅ではなく、自宅で楽しく過ごしたいと思っていますが、やはり最近 物忘れが多くなってきています。よく来るとは言え 東京、大阪に住んでいる子供たちも、お母さんがいつ認知症となってしまうか不安です。認知症となり自宅へ帰れなくなった時には、子供たちは離れて暮らしているため管理もできないので、実家は売却することにHさんも同意しています。

当社からのご提案

お母さんの幸福な生活確保と、実家の売却を目的とした信託契約を締結。

実家を売却する際は、お母さんがしっかりしておられればお母さんの指示、お母さんが認知症となって指示が出せない状況になっていれば、東京に住む長男がお母さんの代理人として、受託者である長女へ売却の指示を出します。

それにより、受託者である長女さんの責任を軽くすることと、長女さん単独では売却できない内容の信託契約となりました。

Hさんは まだしっかりしておられますが、将来的には自宅を売却した資金も信託財産として、長女さんが管理を行い、施設費用や納税費用の支払いを行っていきます。


家族信託の無料相談受付中!
受付:月~土曜日 9:00~19:00(定休日:日曜・祝日)
家族信託の無料相談受付中!
受付:月~土曜日 9:00~19:00(定休日:日曜・祝日)
無料相談の詳細はこちら